[date:20110416]の検索結果



「地獄の黙示録(じごくのもくしろく、原題:Apocalypse Now)」は、1979年にアメリカでフランシス・フォード・コッポラによって監督・製作された戦争映画で、1960年代のベトナム戦争下のジャングルを舞台に1人のアメリカ軍将校暗殺を命じられた大尉が4人の部下と共に目撃する戦争の狂気が描かれている。映画の原案は1902年に出版されたジョゼフ・コンラッドの英国船員時代にコンゴ川で得た経験を元に書かれた小説「闇の奥(Heart of Darkness)」だが、物語の部隊はベトナムになっている。1979年のカンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。



地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 出演:マーロン・ブランド,マーティン・シーン,ハリソン・フォード,デニス・ホッパー 評価:★★★★★


powered by amalink
[2688] Posted by buzei at 2011/04/16 23:12:19
0 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (0)

チェルノブイリ事故との比較
平成23年4月15日

チェルノブイリ事故の健康に対する影響は、20年目にWHO, IAEAなど8つの国際機関と被害を受けた3共和国が合同で発表し、25年目の今年は国連科学委員会がまとめを発表した。これらの国際機関の発表と福島原発事故を比較する。

1. 原発内で被ばくした方

チェルノブイリでは、134名の急性放射線傷害が確認され、3週間以内に28名が亡くなっている。その後現在までに19名が亡くなっているが、放射線被ばくとの関係は認められない。
*福島では、原発作業者に急性放射線傷害はゼロ、あるいは、足の皮膚障害が1名。

2. 事故後、清掃作業に従事した方

チェルノブイリでは、24万人の被ばく線量は平均100ミリシーベルトで、健康に影響はなかった。
*福島では、この部分はまだ該当者なし。

3. 周辺住民

チェルノブイリでは、高線量汚染地の27万人は50ミリシーベルト以上、低線量汚染地の500万人は10~20ミリシーベルトの被ばく線量と計算されているが、健康には影響は認められない。例外は小児の甲状腺がんで、汚染された牛乳を無制限に飲用した子供の中で6000人が手術を受け、現在までに 15名が亡くなっている。福島の牛乳に関しては、暫定基準300(乳児は100)ベクレル/キログラムを守って、100ベクレル/キログラムを超える牛乳は流通していないので、問題ない。

*福島の周辺住民の現在の被ばく線量は、20ミリシーベルト以下になっているので、放射線の影響は起こらない。


一般論としてIAEAは、「レベル7の放射能漏出があると、広範囲で確率的影響(発がん)のリスクが高まり、確定的影響(身体的障害)も起こり得る」としているが、各論を具体的に検証してみると、上記の通りで福島とチェルノブイリの差異は明らかである。

長瀧重信 長崎大学名誉教授
    (元(財)放射線影響研究所理事長、国際被ばく医療協会名誉会長)
佐々木康人(社)日本アイソトープ協会 常務理事
     (前 放射線医学総合研究所 理事長)

チェルノブイリ事故との比較 - 東日本大震災への対応 -首相官邸ホームページ-
http://www.kantei.go.jp/saigai/senmonka_g3.html
[2687] Posted by 名無しさん at 2011/04/16 18:25:36
2 point | Link (5) | Trackback (1) | Comment (1)


電力会社のCMや電事連のラジオ番組に出演するなど、原発推進の広告塔として大活躍してきた経済評論家の勝間和代(かつまかずよ)氏が、REAL-JAPANというサイトに、電力会社と政府の原子力政策上のコンプライアンス課題を正しく認識できていなかったことに対してお詫びしますという何が言いたいのかよくわからない文章と、東京電力役員総辞職や電力会社にいる天下り官僚の総辞職を含む公開提案を投稿している。

勝間和代氏といえば電力をふんだんに使う家電製品の積極的な利用を「勝ち組」の一人として高所から勧めてきた人物で、いわば電力業界や電機メーカーのイヌとも言える存在。一見、飼い主である電力業界や電機メーカーを裏切るかのような行動がいかなる狙いを持つのか今後の展開を厳重に監視する必要がある。

原発事故に関する宣伝責任へのお詫びと、東京電力及び国への公開提案の開示
電力業界のあり方および政府の電力行政に対する公開提案 (勝間和代)

1.今回の事故の対応として(是正処置)
・東京電力役員総辞職
・福島第1原発の国家管理
・東京電力の分割(被害者補償会社と事業会社)
・全原子力発電所の徹底した調査(非常用発電機)
・電力会社にいる天下り官僚の総辞職
・原子力保安院の解体
・原子力安全委員の総辞職

2.リスクを軽減する恒常的な枠組みとして(予防措置)
・電力自由化の推進(発電、送電分離により、組織論理の独走を防ぐ)
・電気事業法改正(発電規制の緩和、売電自由化、分散化)
・全原子力発電所の冷却装置の改良(電力に頼らない冷却システム)
・軽水炉の新規建設の永久凍結。(その代わり、ガス冷却方式のウラン型原子炉やトリウム融溶塩炉のようなそもそも放射性廃棄物があまり出ないタイプの新しい技術については安全性を充分に検証した上で導入する。)

3.改められた仕組みの有効性(監査と監視)
・国際機関による定期的な査察
・保安院に代えて、リスクマネジメントに関する、総合的な意見聴取の場を国が新たに設け、メンバーには分野を問わず幅広い人材を登用する。(原子力発電に否定的立場を取る専門家でも、数字やデータで議論出来る人は積極的に登用する。この会の提言は強制力を単なる勧告ではなく、強制力を持った命令とする。)
・定期的なストレステストの実施。(当面は原子力安全委員会に専門機関を設ける形で対応し、将来的には国際機関など第三者によるテストが望ましい。)

断る力 (文春新書)
文藝春秋 著者:勝間 和代 価格:945円 評価:


powered by amalink
[2686] Posted by buzei at 2011/04/16 00:47:42
2 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (2)

  1  


アクセスランキング

今日のアクセスランキング(上位10件)

  1. プリンセスガーデンホテル女性社長の「片岡都美」氏はフジモリ元大統領夫人 (6 PV)
  2. オープン2ちゃんねる (3 PV)
  3. 2chみたいな掲示板「PHP 2chBBS」 (2 PV)
  4. 信州戸隠そば処 かわい庵 (1 PV)
  5. [掲示板]2ちゃんねる(2ch.net) (1 PV)
  6. 行方不明、家出、人探し掲示板 (1 PV)
  7. 2ちゃんねる(2ch)検索 掲示板 - スレタイ、過去ログ、全文検索 (1 PV)
  8. 伝説の男、瓜田純士さんが新宿駅構内で2週間前に割腹自殺を図る (1 PV)
  9. 中川前財務・金融相が泥酔会見前に一緒に飲んでいた相手は読売新聞記者の越前谷知子さんらしい (1 PV)

今月のアクセスランキング(上位10件)

  1. PHP、MySQLで動くオープンソース掲示板ソフト (117 PV)
  2. 5ちゃんねる(5ch.net、旧2ちゃんねる)掲示板 (109 PV)
  3. オープン2ちゃんねる (108 PV)
  4. 「真実を探すブログ」と「カレイドスコープ」が互いに誹謗・中傷と非難の応酬 (96 PV)
  5. プリンセスガーデンホテル女性社長の「片岡都美」氏はフジモリ元大統領夫人 (96 PV)
  6. ログ速(ろぐそく、logsoku) - 過去ログ スレタイ検索 全文検索 (84 PV)
  7. 2ちゃんねる(2ch)検索 掲示板 - スレタイ、過去ログ、全文検索 (72 PV)
  8. 読売新聞「石井誠」記者変死事件 (27 PV)
  9. 2chみたいな掲示板「PHP 2chBBS」 (19 PV)
  10. 行方不明、家出、人探し掲示板 (18 PV)

アクセス統計

ディレクトリ

関連サイト