[セロトニン]の検索結果


向精神薬(こうせいしんやく、Psychoactive drug)とは、広義には精神科で用いられるような精神安定剤、抗うつ薬、抗躁薬、中枢神経刺激薬、手術における麻酔で用いられるものまで、中枢神経系に作用し、精神活動に何らかの影響を与える薬物を意味する。狭義には、麻薬及び向精神薬取締法で個別に指定された物質を指す。

事実上麻薬と同様の効果を持つものの多く、日本では抗うつ剤として処方されていたリタリンの不適切処方問題化、うつ病の適応症から外されている。

依存性が強く服用するとやめることが難しいめ病院や製薬会社など医療関係者にとっては儲かる薬となっている。また、服用することによって攻撃性が増すことも指摘されている。

向精神薬
麻薬及び向精神薬取締法(昭和二十八年三月十七日法律第十四号)
儲かるぜ!精神科医は

[3150] Posted by buzei at 2012/06/14 18:19:06
0 point | Link (3) | Trackback (0) | Comment (0)

厚生労働省薬事・食品衛生審議会の部会が、抗うつ薬「パキシル」などSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)の副作用が疑われる症例が相次いだ問題で、服用により他人への攻撃性が増したり、激高したりする場合があることを添付文書に盛り込み、医師や患者に注意喚起することを決定した。

対象は4種類の成分で、製品名ではパキシルやルボックス、デプロメール、ジェイゾロフト、トレドミンなど。このうちパキシルは、国内SSRI市場の約半分を占め発売以後、100万人超が使用したと推定される。

抗うつ薬パキシルなど「攻撃性」注意喚起 厚労省審議会
厚労省などには今春までに、攻撃性などの副作用報告が268件あった。うち実際に他傷行為などに至ったのは35件。分析すると、4件で服用が行為につながる可能性を否定できず、残りは、他の病気によるものか副作用のためか区別できなかった。部会に参考人として参加した樋口輝彦・国立精神・神経センター総長は「典型的なうつ病以外での処方で、攻撃性を示す例が多い印象だ」という。

厚労省もようやく、抗うつ薬の問題に目を向けるようになったみたいですね。米系の製薬会社がからむ話しなのですんなりとは行かないと思いますが、一歩前進といったところでしょうか。

抗うつ薬の功罪―SSRI論争と訴訟
著者:デイヴィッド ヒーリー,田島 治
価格:4,410円
みすず書房

by Amalink

[1094] Posted by buzei at 2009/05/09 14:09:31
1 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (1)

昨年末に自宅マンションで死体で発見されたた元タレントの飯島愛さんの遺体から薬物反応が出ているそうです。もっとも薬物反応といっても一部の週刊誌で報道されているように覚せい剤かどうかまでは現時点ではわかっているわけではないようです。

覚せい剤反応出ていないのに「覚醒剤反応が出た飯島愛」と週刊新潮
医師によると、陽性反応は別の薬に反応した可能性も捨てきれないとのこと。
風邪薬や腐敗した試料で検査すると覚醒剤反応が出たという報告もある。
確定するには、3週間ほど時間のかかる病理検査や薬科学検査の結果を待つしかない。

元東京都監察医務院長の上野正彦氏は、睡眠導入剤の中毒で起こすことがある「うっ血性心不全」が死因ではないかと推測。

飯島愛の覚醒剤の陽性反応は、抗うつ剤のSSRIのパキシルか?

合法的に入手可能な向精神薬でも陽性反応が出る可能性があるそうなので、必ずしも違法性があるとは言えないようですが、たとえ合法であってもこれらの薬は服用はやめておいた方がよさそうです。

それはそうと、飯島愛さんの過去についてはいろいろ噂があるようですね。

飯島愛さんの死
飯島愛がコンクリート殺人事件に関与したと倉地明美が証言!
飯島愛 死の真相が明らかに!肺炎ではなかった!?
飯島愛 死の真相に関わる殺人事件
肺炎ではなくてエイズだった飯島愛・・・

独りぼっち 飯島愛36年の軌跡
講談社 著者:豊田 正義 価格:1,365円

死してなおブログに5万件を超える書き込みが寄せられる飯島愛。女性たちは彼女に何を重ねているのか。AV女優から芸能界の成功者となった女の愛と孤独。

powered by amalink

[802] Posted by buzei at 2009/01/10 17:59:14
1 point | Link (5) | Trackback (0) | Comment (1)

企業による労働強化が進む中で「心の風邪」と言われるほど一般的になったうつ病だが、その治療に処方される「坑うつ剤」には依存性や自殺衝動を引き起こすなど重大な副作用が存在する疑いが強くなっている。うつ病で...
[366] Posted by buzei at 2008/05/28 00:46:07
0 point | Link (7) | Trackback (0) | Comment (0)

セロトニンは必須アミノ酸トリプトファンの代謝過程で生成される脳内の神経伝達物質のひとつで、セロトニンの分泌が多いとノルアドレナリンの分泌が押さえられ、精神を安定させる作用がある。逆に、セロトニンが不足...
[338] Posted by buzei at 2008/05/21 07:17:08
1 point | Link (4) | Trackback (1) | Comment (0)

カロリーゼロをうたったダイエット飲料や多くの清涼飲料に使用されている人工甘味料「アスパルテーム(ニュートラスウィート)」には脳の中の重要な神経伝達物質であるセロトニンの生産を阻害したりする作用があり、不...
[336] Posted by buzei at 2008/05/20 06:57:46
16 point | Link (8) | Trackback (1) | Comment (6)

  1  


アクセスランキング

今日のアクセスランキング(上位10件)

  1. 佐野研二郎氏の妻「実際にデザインを担当しているのは数人の部下。佐野は監修しただけ」パクリ疑惑を完全否定 (6 PV)
  2. 【速報】パナマ文書に記載されている日本企業、日本人の一覧リスト (5 PV)
  3. KGPKCdpsFTw (4 PV)
  4. 2chまとめサイト(ブログ)検索 (4 PV)
  5. おかんとのメール (4 PV)
  6. [B-CAS]平成の龍馬(多田光宏)逮捕 (4 PV)
  7. ミニスカポリスが復活 (4 PV)
  8. 2ちゃんねる(2ch)検索 掲示板 - スレタイ、過去ログ、全文検索 (3 PV)
  9. 尖閣ビデオをYouTubeに投稿した海上保安官(sengoku38)、無罪の可能性 (2 PV)
  10. 男性が女性に望むシンプルなことトップ10 (2 PV)

今月のアクセスランキング(上位10件)

  1. 佐野研二郎氏の妻「実際にデザインを担当しているのは数人の部下。佐野は監修しただけ」パクリ疑惑を完全否定 (58 PV)
  2. 警視庁がチャゲアスのASKA(宮崎重明)を覚せい剤取締法違反で逮捕、本人は容疑を否認 (45 PV)
  3. ログ速(ろぐそく、logsoku) - 過去ログ スレタイ検索 全文検索 (44 PV)
  4. 【速報】パナマ文書に記載されている日本企業、日本人の一覧リスト (44 PV)
  5. [B-CAS]平成の龍馬(多田光宏)逮捕 (43 PV)
  6. 2chまとめサイト(ブログ)検索 (42 PV)
  7. 2ちゃんねる(2ch)検索 掲示板 - スレタイ、過去ログ、全文検索 (37 PV)
  8. PHP、MySQLで動くオープンソース掲示板ソフト (29 PV)
  9. 5ちゃんねる(5ch.net、旧2ちゃんねる)掲示板 (22 PV)
  10. 「真実を探すブログ」と「カレイドスコープ」が互いに誹謗・中傷と非難の応酬 (18 PV)

アクセス統計

ディレクトリ

関連サイト