糖尿病患者は心不全発症の可能性が高いことが明らかに

国循、糖尿病管理が心不全にも影響することを解明

国立循環器病研究センター(国循)は、糖尿病患者の心不全発症頻度を調査の調査から、糖尿病管理が心不全にも影響することを明らかにしたと発表した。

成果は、国循の岸本一郎糖尿病・代謝内科医長、同・小川久雄副院長らの研究チームによるもの。研究の詳細な内容は、4月18日付けで英文専門誌「Diabetes Research and Clinical Practice」オンライン版に掲載された。

近年日本の糖尿病人口は年々増加傾向にあり、最近の調査では950万人と推定されている。糖尿病は、心筋梗塞や脳卒中、人工透析などのハイリスクグループであると共に、心不全の頻度も極めて高くなるため、その診療においてこれらの合併症をいかに予防してゆくかが重要だという。しかし、糖尿病管理状態と心不全発症の関係は明らかでなく、心不全予防の観点からどの程度の糖尿病管理が必要かはっきりしていないことから、研究チームにより、糖尿病患者における血糖管理状況と心不全発症の関係についての研究が実施された。

2000年1月から2007年12月までに糖尿病・代謝内科に紹介された608名の2型糖尿病患者を追跡調査し、入院が必要な心不全が発症した頻度を調査した結果、観察期間(平均5.2年間)に15%の患者が心不全で入院。事前の糖尿病管理が不良であるほど心不全入院が多い結果だったこと(画像1)、もともと心臓病がある場合は特に糖尿病管理不良の影響が大きい傾向があったことが判明した(画像2)。糖尿病管理指標であるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の値が8%を超えて悪くなると、心不全入院も増えていたため(画像3)、心不全予防においてもHbA1cが少なくとも8%を超えないように糖尿病を管理する必要性が示されたのである。

http://news.mynavi.jp/news/2014/04/22/364/
[3735] Posted by 名無しさん at 2014/04/22 18:13:32
オープン | 0 point | Link (1) | Trackback (0) | Comment (0)

キーワード
糖尿病 心不全


糖尿病患者は心不全発症の可能性が高いことが明らかに 関連リンク

マクロビオティック(Macrobiotique)とは
マクロビオティック(Macrobiotique)とは、古代ギリシアの医聖ヒポクラテスが唱えた「マクロビオス」に由来する「長く健康で生きるための方法(長寿法)」を意味し、人が生きていくために欠かすことの出来ない食のあ...

糖尿病患者は心不全発症の可能性が高いことが明らかに トラックバック

トラックバックURL :


糖尿病患者は心不全発症の可能性が高いことが明らかにへのコメント


詳細の入力フィールドを表示する

おすすめ  (チェックしてコメントすると最新情報に掲載)
コメント :

< 前のスレッド      次のスレッド >

アクセスランキング

今日のアクセスランキング(上位10件)

  1. 2chブラウザとは (2 PV)
  2. PHP、MySQLで動くオープンソース掲示板ソフト (1 PV)

今月のアクセスランキング(上位10件)

  1. ログ速(ろぐそく、logsoku) - 過去ログ スレタイ検索 全文検索 (151 PV)
  2. PHP、MySQLで動くオープンソース掲示板ソフト (103 PV)
  3. プリンセスガーデンホテル女性社長の「片岡都美」氏はフジモリ元大統領夫人 (66 PV)
  4. (;¬д¬) アヤシイ、SOHO・在宅ワーク業者の見分け方 (63 PV)
  5. 5ちゃんねる(5ch.net、旧2ちゃんねる)掲示板 (61 PV)
  6. 2ちゃんねる(2ch)検索 掲示板 - スレタイ、過去ログ、全文検索 (60 PV)
  7. 「暴力と麻薬に汚染された芸能界」を告発する梨元勝の「遺言状」 (42 PV)
  8. 警視庁がチャゲアスのASKA(宮崎重明)を覚せい剤取締法違反で逮捕、本人は容疑を否認 (24 PV)
  9. [医学]がんペプチドワクチン療法 (23 PV)
  10. 「真実を探すブログ」と「カレイドスコープ」が互いに誹謗・中傷と非難の応酬 (23 PV)

アクセス統計

ディレクトリ

関連サイト