エボラ出血熱患者を米国に移送、米国からの感染拡大で人類滅亡か

西アフリカのリベリアで致死率90%の伝染病「エボラ出血熱」に感染し深刻な容態の米国人2人が、ジョージア州アトランタの大学病院で治療を受けるため米国に移送されることになった。2人はエボラ出血熱の治療センターで活動していた。

米国での治療は厳しい安全手順に従って行われるとされていいるが、米国でエボラ熱感染者の治療が行われるのは初めてて、何らかのミスにより米国内で感染が拡大する可能性は否定出来ない。

これまではギニア、リベリア、シエラレオネなど交通手段が限られた西アフリカの未開国家での流行であったため、感染は限定的であったが、交通手段が発達し他の国との交流が盛んな米国で感染が拡大すれば人類が滅亡しかねず、全米で懸念が高まっている。

もっとも、米国立衛生研究所(NIH)は人間に対する実験的なワクチン投与を早ければ今年9月にも実施すると発表しており、米国が世界に先駆けてワクチンの開発に成功すれば、恐怖に駆られた人々が先を争ってワクチンを購入するのは確実で、米国の製薬会社がワクチンの製造販売で莫大な利益を得ることも可能である。米国の国益を考えるとこのまま感染を拡大させるのがいいのか、収束に向かわせるのがいいかは難しい判断だろう。

エボラ感染で深刻な容体の米国人2人が数日中に米国に移送、移送先のアトランタだけでなく全米で懸念高まる
エボラ出血熱のワクチン、9月にも人間に投与実験 米国
核戦争が我々を絶滅させなくとも、エボラ・ウイルスが絶滅させるかも
[3930] Posted by buzei at 2014/08/03 12:39:44
オープン | 8 point | Link (3) | Trackback (0) | Comment (5)

キーワード
エボラ出血熱 パンデミック ウイルス 感染 ワクチン

掲示板と検索のホームページ


エボラ出血熱患者を米国に移送、米国からの感染拡大で人類滅亡か 関連リンク

エボラ出血熱感染拡大、パンデミックか
西アフリカのギニアで致死率50%-89%のエボラウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症「エボラ出血熱」の感染が拡大している。ギニア保健省によると、同国では今年に入ってから122人の「感染疑い例」が確認され、...
リベリアがエボラ出血熱で非常事態宣言
致死率90%の伝染病であるエボラ出血熱の感染が拡大している西アフリカのリベリアで、エボラ出血熱の流行が国家の安全保障に対する脅威となっているとして90日間の非常事態宣言が出された。リベリアの首都モンロビアで...
アメリカの研究所から生物兵器として研究中のウイルスが流出したらしい
いくらなんでもバイオハザードのようなことにはならないから。個人運営のニュースサイトだからって適当なこと書きすぎw全米で危険ウイルスに対する警戒が強まっている。ルイジアナ州にあるテュレーン国立霊長類研究...

エボラ出血熱患者を米国に移送、米国からの感染拡大で人類滅亡か トラックバック

トラックバックURL :


エボラ出血熱患者を米国に移送、米国からの感染拡大で人類滅亡かへのコメント

1 Posted by 名無しさん at 2014/08/04 11:30:17
致命的なエボラウイルス、米国上陸、交流サイトで大恐慌
http://www.xinhuaxia.jp/social/42687

米現地時間2日午前、西アフリカのリベリアでエボラ出血熱に感染したアメリカ人男性ケント・ブラントリー医師がチャーター機で帰国したことについて、AFP通信は「致命的なエボラウイルスは今日、アメリカ本土に上陸」と伝えた。



アメリカ当局は、エボラ対応に自信をもつよう国民に呼びかけているが、致命的で伝染性の高いエボラウイルスは、アメリカの交流サイトで「エボラ大恐慌」を引き起こしている。



「アトランタから私のところまで、6時間の距離しかない。少なくともエボラ感染者2人がそこにいる。さて、私からエボラまでの距離がどれぐらいあるか」などとの書き込みがアメリカの交流サイトでいっぱいだ。エボラ感染者2人の帰国に対するアメリカ政府の容認は、エボラウイルスが全米で流行するきっかけになるという不安が高まっている。米CNNによると、ハリウッドの「アウトブレイク」という映画のシーンがアメリカで再現されることに不安を抱く書き込みは多い。「アウトブレイク」は、1970年代を舞台に、アフリカ奥地ですさまじい伝染力と死亡率をもつ未知の伝染病の脅威と、それに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・サスペンス。報道によると、エボラ感染者2人の帰国に抵抗感をもつ国民は多い。「エボラ感染者の治療に当たる人々を尊敬しているが、アメリカに姿を現すことを見たくない」という書き込みも、「アフリカでのエボラの流行にさじを投げた以上、アメリカで流行する可能性はないか」との書き込みもある。
2 Posted by 名無しさん at 2014/08/05 11:31:48
エボラ熱感染の米国人患者にマップ社の薬剤投与=CNN
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0G41OW20140805

[4日 ロイター] - 西アフリカのリベリアでエボラ出血熱感染した米国人患者2人について、CNNは4日、医薬品メーカーのマップ・バイオファーマシューティカル社の薬剤が投与され、それぞれ異なる効果が得られたと報じた。

続きはソースで
3 Posted by 名無しさん at 2014/08/06 11:13:00
スペイン人神父がエボラ熱感染、リベリアから帰国へ
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0G602320140806



[マドリード 5日 ロイター] - スペイン保健省は5日、西アフリカのリベリアで活動していたスペイン人のカトリック神父がエボラ出血熱感染したとして、本国に送還する準備をしていることを明らかにした。

感染したのはリベリアで宣教活動を行っていたミゲル・パハレス氏(75)で、同国の首都モンロビアの病院で感染が確認された。スペイン人の感染が確認されたのは初めて。

パハレス氏はマドリードに拠点を置く慈善団体に所属。同団体は同氏の緊急帰国を要請したという。
4 Posted by 名無しさん at 2014/08/06 11:17:03
エボラ熱の新たな米国人感染者か、NYの病院で男性検査
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0G421920140804/


[アトランタ 4日 ロイター] - 米ニューヨークのマウントサイナイ病院は4日、エボラ出血熱感染が疑われる男性患者を検査していることを明らかにした。エボラ熱が流行している西アフリカに渡航歴があるという。

病院によると、男性は高熱のほか、胃腸に異常がみられ、隔離された状態で検査が行われている。米国人の感染者はこれまで、人道支援活動に当たっていた医師と宣教師2人の感染が確認されている。
5 Posted by 名無しさん at 2014/08/06 14:52:45
エボラ出血熱の恐ろしさ

細胞と細胞がくっついているのは、コラーゲンが接着剤の役割をしているからで、
コラーゲンが多いと肌のキメの細やかさとか、保湿力があるからしっとりするとか、
美肌に必要のみならず、粘膜などもほとんどがコラーゲンによってあの状態を作り出している、

で、エボラ系が繁殖してゆくのにこのコラーゲンを利用してゆくと言う、
だから粘膜系に付着してその数を増やしてゆくと、
まずのどが痛くなったり、少し発熱したりと、風邪と同じような状況になる、

でもそれは免疫などがのどの粘膜などから入り込んだであろうエボラを攻撃し始めているのだが、
エボラたちはすでにコラーゲンを使って粘膜系で増え続けている、

唾液や呼吸系の循環から、内臓の方へと増え続け、
内蔵がだんだんとエボラに浸食されてゆく、
もちろん血液からも広がってゆき、体内に多くのエボラが増え続けてくると、
コラーゲンを消費された肉体は、その細胞と細胞の接着剤を失って結合が緩み始める、

胃や食道や小腸や大腸はコラーゲンと細胞を新陳代謝をしてその表面を安定させているが、
コラーゲンなどがエボラに犯されて、新たな新陳代謝が阻害され、
内蔵類の内壁はどんどんと剥がれて落ちてゆき、その表面からは血や体液が混ざり合う、

胃の中も血と胃の内壁であふれ、吐き気によって何度もエボラウィルスと共に内容物と血を吐き出し、
腸内は血や内臓の破片が混ざったエボラウィルスのスープでいっぱいになり、
何度も下痢でトイレを往復し、下水にエボラウィルスを垂れ流す事になる、

下痢や嘔吐と、一向に回復しない症状によって疲労していき、
さらには血液内を巡回して増え続けるエボラが
血管の壁を作っているコレステロールとその接着剤としてのコラーゲンを浸食し、
さらには筋肉内までどんどんと侵食していく、

もちろん細胞は次第に剥離して血が染みだし、
薄くなった古い皮膚の中に血とエボラと筋肉繊維が入ったパンパンの肉体になっていく、

脳や目などもグズグズになっていき、最後はそれらの内容水溶物が、
目や鼻や口や耳、さらには○門や尿道などの大きな穴から吹き出してしまう。

数日から数週間の間で進行して、途中で動けなくなってそこで死んで破裂してしまう、
風邪の症状で病院に居ても、医者たちはどうする事も出来ずに破裂させてしまい、
その体液の中にあるエボラウィルスを拡散させてしまい、医者や片づけた肉親や看護婦が感染してしまう場合が多い。
重症患者は 自身の出血を他の人間に 感染させる為に ウィルスにマインドコントロールされて 半端無い大暴れをする。それを取り抑えようとした看護師が 血飛沫で感染する。

例え途中で何かしらの原因で感染力が無くなったとしても、
コラーゲンを失った肉体が崩れてしまい、各部に障害や形状の崩壊があると言う。

致死率80%
たとえ生き残っても失明や重篤な後遺症が残り、まさにゾンビ状態
感染したら終わりである。

詳細の入力フィールドを表示する

おすすめ  (チェックしてコメントすると最新情報に掲載)
コメント :

< 前のスレッド      次のスレッド >

アクセスランキング

今日のアクセスランキング(上位10件)

  1. 「真実を探すブログ」と「カレイドスコープ」が互いに誹謗・中傷と非難の応酬 (3 PV)
  2. キャバクラキャスト募集! (1 PV)

今月のアクセスランキング(上位10件)

  1. プリンセスガーデンホテル女性社長の「片岡都美」氏はフジモリ元大統領夫人 (167 PV)
  2. 5ちゃんねる(5ch.net、旧2ちゃんねる)掲示板 (159 PV)
  3. 「真実を探すブログ」と「カレイドスコープ」が互いに誹謗・中傷と非難の応酬 (136 PV)
  4. オバマ政権駐日大使、ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」 (112 PV)
  5. 2ちゃんねる(2ch)検索 掲示板 - スレタイ、過去ログ、全文検索 (58 PV)
  6. 岡沢高宏の相棒でヤクザの金村剛弘(金剛弘)が西新宿の路上で襲撃され死亡 (57 PV)
  7. PHP、MySQLで動くオープンソース掲示板ソフト (54 PV)
  8. 掲示板やチャットなどのフリーPHPスクリプトの配布サイト (45 PV)
  9. [Twitter]ツイッター検索のまとめ (36 PV)
  10. 読売新聞「石井誠」記者変死事件 (30 PV)

アクセス統計

ディレクトリ

関連サイト