デング熱感染拡大、新たに東京都内で10数人に感染の疑い

国内で70年ぶりの感染が確認されたデング熱の感染者が拡大してる。

新たに新潟県の10代男性と横浜市港北区の20代の男子大学生、神奈川県横須賀市の10代の女子高生が国内でデング熱に感染した疑いがあることが分かった。いずれも最近1カ月以内に海外渡航歴はなく、8月に東京・代々木公園周辺を訪れていた。

さらに、都内に住む男女10数人が感染していた疑いのあることがわかっており、まだまだ感染者は増える見通しだ。

このままでは感染者は増える一方で、代々木公園を未だに完全封鎖しない舛添都知事の対応に非難が集まりそうだ。

デング熱は、ヒトスジシマカやネッタイシマカによって媒介されるウイルス性の感染症で、3~7日の潜伏期の後、発熱や頭痛が始まり、体や腕などに発疹が広がる。多くの場合1週間程度で回復するが、まれに出血症状を示し重症化、死亡することもある。

専門家らは、蚊に刺されなければ大丈夫などと言っているが、虫除けスプレーを使ったとしても蚊を完全に防ぐことは不可能で、大本の感染源が不明な現状では外出を控えるのが無難だろう。

デング熱 さらに3人感染か 代々木公園訪問 横浜の大学生ら
デング熱感染 週末の代々木公園は
デング熱 都内で新たに十数人感染疑い

蚊がいなくなるスプレー 200日 無香料 45mL (防除用医薬部外品) 【HTRC2.1】
大日本除虫菊


amazon.co.jpのカスタマーレビューを見る
powered by amalink

[4020] Posted by buzei at 2014/09/01 13:15:03
オープン | 1 point | Link (2) | Trackback (0) | Comment (1)

キーワード
デング熱 代々木公園 伝染病 ヒトスジシマカ

掲示板と検索のホームページ


デング熱感染拡大、新たに東京都内で10数人に感染の疑い 関連リンク

未承認薬で治療のエボラ出血熱感染のアメリカ人医師らが退院
西アフリカで感染の拡大が止まらないエボラ出血熱に感染し、米国に移送されて治療を受けていたアメリカ人のケント・ブラントリー医師が退院したことを、同医師が活動していた慈善団体が明らかにした。ブラントリー医...
[デング熱]グラビアアイドルの紗綾さんも代々木公園で感染
グラビアアイドルの紗綾(20)さんが、デング熱に感染していたことが分かった。TBSの情報番組「王様のブランチ」でリポーターを務める紗綾さんは、青木英李(25)と一緒に東京渋谷区の代々木公園で「王様のブランチ」...

デング熱感染拡大、新たに東京都内で10数人に感染の疑い トラックバック

トラックバックURL :


デング熱感染拡大、新たに東京都内で10数人に感染の疑いへのコメント

1 Posted by 名無しさん at 2014/09/01 17:32:02
http://news.mynavi.jp/news/2014/09/01/337/

デング熱とは

デング熱とは、デングウイルスが感染しておこる急性の熱性感染症。ウイルスに感染した患者を蚊が吸血すると、蚊の体内でウイルスが増殖し、その蚊が他者を吸血することでウイルスが感染します。
厚生労働省によると、ヒトからヒトに直接感染するような病気ではなく、感染しても発症しないことも多いとのこと。

■症状は

潜伏期間は2日から15日で、発熱、頭痛、筋肉痛や皮膚の発疹などが主な症状です。
発熱は2~7日間持続し、筋肉や骨・関節が痛んだり、体がだるくなるように感じることがあります。

■感染を媒介する蚊は

主な媒介蚊は、日本には常在しないネッタイシマカですが、日本のほとんどの地域(青森県以南)でみられるヒトスジシマカも媒介できます。

このことから、仮に流行地でウイルスに感染した発症期の人が国内で蚊にさされ、その蚊がたまたま他者を吸血した場合、感染する可能性はあり得ます。ただし、厚生労働省では「蚊は冬を越えて生息できず、また卵を介してウイルスが次世代の蚊に伝わることも報告されたことがないため、限定された場所での一過性の感染と考えられる」としています。

なお、ヒトスジシマカは、体に白い斑点があるのが特徴で、ふだんは丈の低い茂みなどに隠れているとのこと。また日中、屋外での活動性が高く、活動範囲は50~100メートル程度。国内の活動時期は概ね5月中旬~10月下旬頃までです。

■治療薬は

デングウイルスに対する特有の薬はありません。また、デング熱に有効なワクチンもありません。
対症療法となります。

■予防法は

ヒトスジシマカは、関東周辺では10月上旬まで成虫が発生するため、身の回りに蚊が卵を産み付ける場所となる水がたまりやすいバケツや空き缶、植木鉢などを放置せず、繁殖を防ぐことも重要です。

海外の流行地にでかける際は、基本的に長袖、長ズボンを着るなどして、肌の露出を少なくし、蚊に刺されないように心がけるほか、現地の虫除けスプレーを活用するなどして、対策をとりましょう。

詳細の入力フィールドを表示する

おすすめ  (チェックしてコメントすると最新情報に掲載)
コメント :

< 前のスレッド      次のスレッド >

アクセスランキング

今日のアクセスランキング(上位10件)

  1. 「真実を探すブログ」と「カレイドスコープ」が互いに誹謗・中傷と非難の応酬 (3 PV)
  2. えっ、後藤組組長がFBIと取引していた? (1 PV)
  3. キャバクラキャスト募集! (1 PV)

今月のアクセスランキング(上位10件)

  1. プリンセスガーデンホテル女性社長の「片岡都美」氏はフジモリ元大統領夫人 (167 PV)
  2. 5ちゃんねる(5ch.net、旧2ちゃんねる)掲示板 (159 PV)
  3. 「真実を探すブログ」と「カレイドスコープ」が互いに誹謗・中傷と非難の応酬 (136 PV)
  4. オバマ政権駐日大使、ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」 (112 PV)
  5. 2ちゃんねる(2ch)検索 掲示板 - スレタイ、過去ログ、全文検索 (58 PV)
  6. 岡沢高宏の相棒でヤクザの金村剛弘(金剛弘)が西新宿の路上で襲撃され死亡 (57 PV)
  7. PHP、MySQLで動くオープンソース掲示板ソフト (54 PV)
  8. 掲示板やチャットなどのフリーPHPスクリプトの配布サイト (45 PV)
  9. [Twitter]ツイッター検索のまとめ (36 PV)
  10. 読売新聞「石井誠」記者変死事件 (30 PV)

アクセス統計

ディレクトリ

関連サイト